「IT顧問」とは、パソコンインストラクター+αのお仕事です
アクセスカウンター
  • 136総閲覧数:
  • 14今日の閲覧数:
  • 61昨日の閲覧数:
  • 2019年6月14日カウント開始日:

4月末、奥様の愛車が車検時期でした。

vivio_1.jpg平成6年式のスバル・ヴィヴィオTトップ。当時、全国で500台限定で生産された4人乗りの軽のオープンカー。

この頃、ホンダのビートやスズキのカプチーノと言った軽のオープンカーが人気を博していました。でも、それらは2シーターでマニュアルミッション車。でも、このヴィヴィオのTトップは4シーターでオートマチック車。しかも、エンジンはスーパーチャージャー搭載。

リヤウィンドゥはスイッチ一つで簡単に(下に)開くので運転席・助手席の窓を開ければすぐに爽快感が味わえました。(屋根は手動でしたが…)

結婚する前年に買った車なので、この車の歴史はうちの歴史そのものでもありました。結婚して4年後に娘が産まれた時は、私が乗っていたマークⅡをマツダのプレマシーと言うミニバンに代替し、チャイルドシートを装着してその車は奥様が運転し、私がヴィヴィオで通勤していました。高速道路で100+3○km/hのスピードが出たときはその性能にビックリしました^^;

車歴が10年を越えて走行距離が10万キロを越えた頃から車検の度に夫婦ゲンカ。

軽のオープンカーはボディ剛性が弱く、10年を越えるとカーブを曲がる時や段差を越える時に車体がミシミシ音を立てる状態。しかも、雨の時には屋根の継ぎ目から雨漏りも。大雨の時には車内に水たまりが出来ていました。

でも、10年乗ると愛着も半端じゃないらしく、前回の車検は受けることに。ケンカは「俺も乗りたい車に乗る!」と言うことで収まりました。私がプレマシーからブレイド(ナック1号車)に乗り換えました。

そして、今年の4月がまた車検。

去年の12月に長男が生まれた時点でミニバン車か何かに代替したいと思っていました。ヴィヴィオは4シータとは言え後ろの座席にはチャイルドシートを装着するだけのスペースは無く、ましてボディ剛性を考えると安全性の観点からも赤ちゃんを乗せられる車ではない。雨が降ると雨漏りがするようでは衛生状態も悪くなおさら赤ちゃんを乗せられる状態ではない。。。

私のブレイドは、購入した2年前は「うちは娘一人で終わりかな」と思っていたので、車内が広い車は眼中に無く選んだので、いざチャイルドシートを装着すると後席はかなり狭くなり、4人分の荷物を積むスペースも不足気味でした。。。

でも、事務所をオープンする際に銀行から借り入れた返済があと2年残っているので、それが終わるまでは代替は無理そう。ただ、その12月頃か1月頃に新聞で世界経済が減速し、車の販売・生産が激減する中、ドイツでは「10年以上乗った車をエコカーに代替した場合、国から30万円ほどの補助が出る制度が出来、それ以来車の販売が好調」と言う記事が出ていました。「この制度、日本でも始まれば代替も夢じゃないかも」と思いつつ記事を読みました。

そして4月10日頃、「経済対策として、13年以上乗った車からエコカーに代替した場合は助成金が出るという制度を検討中」という記事が新聞に出ました。普通車に代替なら25万円、軽自動車に代替したなら12.5万円。4月から始まったエコカー減税(自動車重量税と取得税が燃費性能などが良い車だと75%or50%減税)をあわせると「車を代替するなら今!」という雰囲気になってきました。

そんな“追い風”もあって「ミニバンは予算的に無理そうだけど、軽ならばもしかしたら代替できるかも。」と思い、ダイハツとスズキのお店に。

お店に行ってビックリ。「最近の軽自動車って、こんなに広いの!?」という感じでした。これなら、チャイルドシートを装着しても余裕で乗れそうです。

そして、スズキのお店は開店当初から私が関わっていた私の顧問先でもあり、「経済状況に合わせて月々の支払額を自由に設定できるクレジット」が利用できることもあり、先代のスティングレーが発表された時「カッコいいなぁ」と思っていたこともあり、75%減税が適用されるスティングレーに代替が決まりました。(事務所の借入金の支払いがある当初2年は支払いを抑えてそれが過ぎたら支払額を増やすというクレジットが組めたので代替を決定。)

先日、2台並んだナック号の写真を撮りました。

P1010470.jpg注文時に“希望ナンバー”で私のブレイドと同じ「79」にしました。以前の日記でも書いたとおり、「79=NAK」は社名でもあり家族全員を表しているからです。「1122=いい夫婦」や「1188=いいパパ(or母)」や「1107=いい女(?)」等のナンバーをつけている車をよく見かけますが、やっぱりうちのナンバーは「79」でした。
ところで、車の感想ですが、ブレイドよりも車内が広いスティングレーの方が、最近お気に入りです。適度な高級感もありますし。ただ、ブレイドや前のヴィヴィオに比べると加速はちょっと辛い感じ。でもその分燃費は良いですし、全体的にはとても良い車だと思います。

先日の国会で「今年の4月10日以降、13年以上乗った車を廃車してエコカーに代替した場合は普通車に代替なら25万円、軽自動車に代替したなら12.5万円の助成金が出るという制度が決定」したと言うことで今月19日から手続きが出来ると新聞に出ていました。“先取り”で代替しましたが、制度が本決まりになって一安心です。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です