「IT顧問」とは、パソコンインストラクター+αのお仕事です
アクセスカウンター
  • 145総閲覧数:
  • 23今日の閲覧数:
  • 61昨日の閲覧数:
  • 2019年6月14日カウント開始日:

2年前の夏から富士通の販売店になった当社ですが、私物パソコンは別として(2005年夏モデルのFMVBIBLOを使用)、教室内のパソコンに富士通パソコンはありませんでした。そうなると、富士通パソコンを中心に販売していても新しい機能や今現在に機種にインストールされているソフトのことが今ひとつ分かりにくく不便を感じていたのですが、今月から「(Vistaの授業を)2人で一緒に受けたい」という生徒さんが入会されたので、それを機に教室用に富士通パソコンを1台導入しました。
デスクトップパソコンの中でもデザイン性と省スペース性に優れたFシリーズ(FMVFD60)です。Image186.jpg
普段は「展示用パソコン」として目立たせたかったので、入口から入ってすぐ目の前となるL字カウンターのコーナーに置いてあります。ここだと省スペースであることもよく分かりますし、画面が左右にスイング(富士通さんは「スイーベル」と呼んでいるようです)できるので、カウンター席に座っているお客様と画面を確認する時にも便利です。
また、Vistaパソコンの授業が同時に2人の時は、このパソコンを別の席へ異動させます。ディスプレイ一体型で、マウス・キーボードはワイヤレスなので移動も楽なので助かります。移動させるとこんな感じです。Image188.jpg
左側の机は、Vistaが発表された直後に導入したDellのデスクトップパソコン。その隣には、普段はDellのXPデスクトップパソコンが机に置いてあるのですが、そのパソコンをどかさずにそのまま置いてみました。こんな感じでVistaパソコンの2人同時授業を行ってみようと思います。
ところで、このFMVFD60はもうすぐ発表になるWindows7のアップグレード対象機種です。もちろん、それもあってこの機種にしましたが、Windows7の新機能も楽しみなところ。CドライブとDドライブのデュアルOSに出来れば一番いいのですが、どうなんでしょうか?ソフトが届いたら一度試してみます。(それがダメならば、今は自宅で使っているHPのVistaパソコンを教室にまた戻します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です