「IT顧問」とは、パソコンインストラクター+αのお仕事です
アクセスカウンター
  • 145総閲覧数:
  • 23今日の閲覧数:
  • 61昨日の閲覧数:
  • 2019年6月14日カウント開始日:

以前、富士通の販売店向けセミナーに参加した際、「プリンターは3年or5年で代替えになる消耗品です。」という内容のお話を聞き、その際にEPSONとCANONのプリンターの新製品の紹介をメーカーさんから聞きましたが、その際に「あっ、良いなぁ。」と思っていたEPSONとCANONのプリンターがありました。
その後、そのEPSONとCANONモデルをお客様に販売してきましたが、当社のプリンターも教室開業以来3年半が経ったのを機に、EPSONの複合機を入れ替えました。Image187.jpg
以前使っていたモデルと比べて、かなり省スペースになったことが実感できます。速くてキレイにもなりましたし(*^_^*)
それと、共有プリンターで使っている環境だからわかったことですが、インク残量などは以前のPM-A890だと直接繋がっているパソコンからしか確認できませんでしたが、今回のEP-801Aだと、ネットワークプリンタとして登録したパソコン(つまりは、直接USBで繋がっていないパソコン)からでもインク残量等の確認が出来るようになったので便利になりました。これだと、授業の時に繋いだ生徒さんの持ち込みノートパソコンで“インク残量の確認方法”の話もしやすくなります。
それと、CD/DVDのラベル印刷のためのトレイがプリンターに内蔵されたので、操作が簡単で便利になりました。PM-A890だと、この「CD/DVDトレイがプリンター内に入って行かなくて印刷できない」トラブルが結構ありましたが、内蔵されたことでそのトラブルもなくなりました(*^_^*)
なかなか良いプリンターです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です