「IT顧問」とは、パソコンインストラクター+αのお仕事です
アクセスカウンター
  • 1446総閲覧数:
  • 26今日の閲覧数:
  • 26昨日の閲覧数:
  • 2019年6月14日カウント開始日:

Monthly Archives: 11月 2010

当社ではこの度、当教室より車で3分ほどの場所にある、土浦市神立中央の小林医院様のホームページを作成、公開しました。

昭和59年より、内科・小児科・循環器科・リハビリテーション科を診療されている小林医院は、院長先生をはじめ皆さん親切なスタッフと言うことで地元の評判も上々の個人病院です。
院長先生である小林先生には、数年前より当教室でパソコンサポート等をさせて頂いていたご縁で、今回ホームページの作成等々をお引き受けしました。
地域医療の発展に尽力されている小林医院様の、お役に少しでも立てれば幸いです。

こちらのホームページも、最近の制作と同じくWordPressで作成しました。

土浦市神立中央・小林医院様ホームページ http://www.kobayashi-iin.jp

当社ではこの度、取扱いしておりますレンタルサーバーの新規プランが出来ました。お客様のご要望に合わせたプランの提供が出来るよう、3タイプを用意しました。詳しくは、当社ホームページ「安心サポート」の「レンタルサーバー価格表」のページでご確認ください。 

来月で事務所兼パソコン教室を開いてお蔭さまで丸5年になります。

その開業に合わせて色々な機材を揃えましたが、5年となるとそろそろ寿命になるものもあるようで。。。

カラーレーザープリンタ(http://www.nak-ts.com/modules/tinyd/index.php?content_id=4  の「プリンタ3」)が、「ドラムカートリッジの交換時期です」のメッセージが出たので交換しましたが、交換すると印刷品質が著しく低下。元使っていたドラムに戻しても印刷品質はさほど変わらず。。。メーカーである富士ゼロックスのカスタマーセンターに電話したら、「出張メンテナンスの場合は、見に行くだけでも最低20,000円かかる。修理で部品交換すると部品代、修理に時間がかかれば、基本サポート時間(30分)を超過した時間分の料金が加算される。」と言われ、一旦電話を切りました。「5年経ったプリンターに20,000円もしくはそれ以上の修理代を出すのは如何なものか。」と思ったからでした。

妻と検討した結果、「(リースで使用しているものなので)リース会社に引き取ってもらおう。」と言うことに。
ですが、このカラーレーザープリンタがうちで唯一のA3用紙の印刷ができるプリンタ。それがなくなると痛い。なので、A3プリンタを色々と物色。そうこうするうちに一つの結論が出ました。
事務所を出すさらに1年前から使っているFAX兼用の複合機、キャノンのMP-790(http://www.nak-ts.com/modules/tinyd/index.php?content_id=4  の「プリンタ2」)が 、インク漏れや印字品質の低下が最近出てきていて、「A3印刷が出来るFAX兼用複合機があれば、2台が1台に纏って良いかも。」が結論。検討の結果、ブラザーの「MFC-6490CN」を購入することに決定。これなら、A3印刷が出来て、しかもA3スキャナーがついて、ランニングコストもかなり安そうだし。写真印刷がもしかしたら苦手かもしれないけど、それはエプソンの「EP-801A」(http://www.nak-ts.com/modules/tinyd/index.php?content_id=4  の「プリンタ1」)があるから良いかと。インクジェットでも顔料インクなので、レーザープリンタ並みに印刷出来そうなので問題はないでしょう。ランニングコストが安いのは良い事だし、プリンタ自体の値段も安い。
「Yahoo!ショッピング」のポイントが、明日の夜の買い物なら結構いっぱい付くようなので、明日発注することにしました。 がいっぱい

そんなタイミングの時に、もうすぐ手放す予定のMP-790がインク切れ。インク切れのままだとFAXの受信が出来ないので、「貸し出し用の(家庭用の感熱紙タイプの)FAX兼用電話機とMP-790を先ほど入れ替えました。入れ替えてびっくり。置いていた場所がインクの吹き溜まりのようになっていました。

 

慌ててティッシュで拭いた後。この後、消毒用アルコールを使って拭いたら何とかきれいになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プリンタを裏に運んだのですが、その運ぶ途中も点々と。。。 

落ちた事に気付かずにプリンタを運んだのでスリッパの裏についてしまい、後から拡散してしまいました。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何とか、「消毒用アルコール」を使ってふき取りましたが、手は凄いことに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

漏れていたのが、「黒」で良かった。もしこれが「赤」だったら、見た目にあまりにも怖い。誰かが突然入ってきてこのありさまを見たら、ビックリしたでしょうね。

あともう一つ。もうすぐ2歳の息子がいない時で良かった。いたら、床に落ちたインクをどれだけ塗り広げられたことかと思うと。。。

※写真は全てiPhone4で撮りました。