「IT顧問」とは、パソコンインストラクター+αのお仕事です
アクセスカウンター
  • 1448総閲覧数:
  • 1今日の閲覧数:
  • 27昨日の閲覧数:
  • 2019年6月14日カウント開始日:

Monthly Archives: 6月 2011

東日本大震災からもうすぐ3ヶ月。このブログでも何度か触れましたが、ここ茨城県も被災地。我が家の瓦は1階・2階ともに損傷し、現在ブルーシート。壁には亀裂が入り、床はかなりデコボコが目立つようになって来ました。。。それ以上にひどいのが、実家のある鹿嶋市で父と私の弟が経営する会社の津波被害。でも、そんなことは茨城県内のあちこちで起こったことであり、東北は言うに及ばず。。。

「小さな被害の私でも、人々の善意は有り難い。その気持ち(=善意)を貰うばかりじゃなく、私にも何かできないか?」と思って始めたのが4月1日の日記にも書いたNike+チャレンジ『ALL FOR JAPAN』という企画。「Nike+」で走ったランナーが1マイル走れば、1ドル分をNikeから義捐金を送るというものでしたが、全世界から趣旨に賛同するランナーが集まって、私が参加してまもなく目標金額をクリアしてチャレンジ終了となってしまいました。その間に私が寄付できたのは5,000円ほど。。。

その後、「ランナーとしてできること」を探して見つけたのがこのブログの左側のメニューにも書いた「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」でした。私は4月6日から参加し、月末で集計してその月に走った分の距離に10円をかけた分の金額をgoogleを通じて日本赤十字社へ寄付することにしました。

4月6日から参加しましたが、4月の走行距離は51kmだったので510円の寄付。そして、5月は117.6km走ったので、先ほど1176円の寄付をしました。大した金額ではありませんが、この先「東北も復興が出来た。」と思える日までこの「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」に参加し続けたいと思います。「細く長く」頑張るつもりです。。。