「IT顧問」とは、パソコンインストラクター+αのお仕事です
アクセスカウンター
  • 1446総閲覧数:
  • 26今日の閲覧数:
  • 26昨日の閲覧数:
  • 2019年6月14日カウント開始日:

Monthly Archives: 12月 2013

ここ数日、三菱東京UFJ銀行から「【重要】メールアドレスの確認」という件名のメールが届いております。この数日は、体調がイマイチだったのと、年末の忙しさでメールチェックはあまりしていなかったので先ほど気付きました。

三菱東京UFJ銀行から「【重要】メールアドレスの確認」という件名のメール左の写真、クリックして拡大してもらえるとわかると思いますが、差出人名は「三菱東京UFJ銀行」となっていますが、メールアドレスは「v862481@yahoo.com.tw」となっていて誠に怪しい。しかも、「以下のページより登録を続けて下さい。」の下のリンク、https://entry11.bk.mufg.jp/で始まるリンク元を辿ると画像の一番下にある「http://hbzjja.com/diy/」に飛んでしまう。。。

 

 

 

「怪しい」と気付かずにリンクを開いた場合、開いたらこんなページに。

三菱東京UFJ銀行から「【重要】メールアドレスの確認」という件名のメール2三菱東京UFJ銀行の「ご契約番号」やら「IBログインパスワード」やらの重要事項を入力するページに。でも、画像最上部のアドレス欄は「http://bk.mufg.jp.nxn.cn.com/」で始まるページ。「https://」の「s」がないし、「.jp」で一旦終わらず、その後ろに「.nxn.cn.com/」が続いている。という事は、三菱東京UFJ銀行のホームページではありません!明らかにフィッシングサイトです。

 

 

その証拠「?」に、私のパソコンに入っているセキュリティソフトのノートンは、1枚目の画像にあったメールのリンクを辿った途端に教えてくれていました。

三菱東京UFJ銀行から「【重要】メールアドレスの確認」という件名のメール3フィッシングサイトであると見破り、遮断してくれていたのです。(上の画像が出たのは、「無視してサイトへのアクセスを続ける」をクリックしたから。)

 

 

 

 

 

 

フィッシングサイトへの誘導メールと気付かないまま、あるいはパソコン等にフィッシングサイトを警告してくれるセキュリティ対策ソフトがインストールされていない状態で使用していた場合、これらのフィッシングサイトに引っかかってしまう恐れはゼロでは無いと思います。これらの詐欺に遭わないためにも、フィッシングサイトの監視等の機能が入ったセキュリティ対策ソフトの導入をお勧めします。。。

余談ですが、私個人でも私の家族も私の会社も、三菱東京UFJ銀行の口座は持っておりません。なので、こんなメールが届くこと自体ありえないのですが。。。

ちなみに、この件に関する三菱東京UFJ銀行のサイトでの注意喚起ページです。

三菱東京UFJ銀行のこの件に関する注意喚起文 この文章のアドレスはhttp://www.bk.mufg.jp/info/phishing/20131118.html です。皆様ご注意を。

遅くなりましたが、年末年始休暇のご案内となります。

 

◆期間

2013年12月28日(土)~20014年1月5日(日)の計9日間。 

◆営業開始日程

2014年1月6日(月)午前10時より平常通りの営業となります。

 

◆詳細

1.お問合せメールへのご回答


年末年始休暇期間中のメールでのお問い合わせにつきましては、

回答は休暇明けの1月6日以降となりますのでご了承下さい。




2.電話対応、各種お問合せに対するご回答


休業日前の電話お問合せは2013年12月27日17時までとさせて頂きます。

17時以降もメール・FAXでのお問合せは受付させていただきますが、

当社からの回答は基本的には2014年1月6日10時以降となりますのでご了承下さい。