「IT顧問」とは、パソコンインストラクター+αのお仕事です
アクセスカウンター
  • 1446総閲覧数:
  • 26今日の閲覧数:
  • 26昨日の閲覧数:
  • 2019年6月14日カウント開始日:

 私は以前、家電量販店に勤務していました。当初の担当はパソコンではなく、家電製品の担当でした。当時、私はパソコン販売スタッフのことがあまり好きではありませんでした。その理由は、お客様に“難しい専門用語”を乱発して接客するスタッフが多かったからです。詳しいお客様にはそれで良いかもしれませんが、初めてパソコンを買いに来た人にはとても不親切な接客です。
だから私がパソコン担当になったときは、“わかりやすい接客”を心がけました。当時、パソコンの販売だけでなく、お客様の自宅にお伺いしてパソコンを設置したり、インターネットに接続したりという出張サポート業務も時々行っていました。家電担当の時も、テレビやビデオデッキを設置したりしていました。本来は、設置担当の専門業者さんがいたので、あまり販売担当が出向くことはなかったのですが、私が一番お世話になった店長さんは、お客様から「テレビが映らない!」等のトラブルの電話があると、店長自身が出かけたり、私に出張を頼んだりしていました。

家電量販店で仕事をしていると、パソコンを買っても使い方がわからなくて聞きに来るお客様もかなりいらっしゃいました。そういう方にアドバイスをしているうちに、学生の頃に教師になる夢を持っていたためか“パソコンを売る人ではなく、パソコンを教える人になりたい”という気持ちが強くなり、インストラクターを目指すことになりました。私が目指したパソコンインストラクターは、“WordやExcelを教えるだけのインストラクター”ではなく、それまでの経験を生かし、インターネット設定などのサポート業務、ウィルス感染などの場合の復旧サポート、さらにはホームページ作成等のITサポート業務なども含め、“パソコンにまつわることは何でも引き受けます”というタイプです。
そのスタイルで“パソコンを楽しみましょう!”をモットーに、家電量販店を退職した後、自宅を拠点に“出張スタイル”で出張パソコン教室や出張サポート、ホームページやデータベース作成、パソコントラブルサポートなどを中心に活動を始め、「ビジネス」としての自信を深めて平成16年4月に法人を設立しました。

その活動の中で私が気付いたことは、「町中にたくさんあるパソコン教室は、それほど生徒さんが多いとは思えない。それらのパソコン教室は、“資格が取れます”や“低料金”を謳い文句にしているけれど、世の中のニーズは違うのでは?」ということでした。私の出会った生徒さんの多くが、パソコンで資格を取りたいのではなく、“もっと便利に使いたい”や“もっと楽しく使いたい”、お孫さんなどの家族との“コミュニケーションの道具として使いたい”といった思いを持つ方が多かったからです。そして、大勢の生徒さんと一緒に一人の先生の授業を受ける講義形式ではなく、自分のペースで理解しながらパソコンの勉強をしたいというこれまでのパソコン教室にはなかったニーズもかなりあることを実感しました。その中で自然に生まれたモットーが“パソコンを楽しみましょう!”という思いです。
その思いを“コンセプト”に、平成17年12月、かすみがうら市のヤックスドラッグとケーズデンキの駐車場正面に、パソコン教室・出張パソコン教室・IT業務サポート・(小学生向けの)パソコンを利用した学習クラブ等を織り込んだ教室兼事務所を開設しました。以後、6年ほどそこを拠点に活動をしてまいりました。その間、年々生徒さんやIT顧問契約先も増え、私ひとりでは業務が間に合わなくなり、妻やパートさんの力を借りいながら、「IT顧問」として地域に根差した活動を展開しておりましたが、平成23年3月に起こった東日本大震災で自宅が被災して屋根瓦の3分の1ほどが損傷、屋根の修理と同時に自宅の大規模リフォームを行い、平成23年11月1日、自宅のリフォームが完成し「自宅兼事務所」として移転・オープンしました。

パソコンが一家に1台が当たり前の時代になると、パソコン教室のブームも一旦落ち着きを見せましたが、その後の展開としては「スマートフォン・タブレット」の教室でした。世の中のもっと大きな流れは「高齢化社会」。そんな中、当社が新たに取り組んだのが「認知症予防タブレット講座」です。これまでのマンツーマン授業と違い、認知症予防の観点からグループ学習を取り入れておりますが、昨年の開講以来、お陰様で好評をいただいております。

また、2020年の教育改革において小学校等で「プログラミング教育」が始まりますが、パソコン教室業界でもこの「プログラミング講座」を取り入れる動きが急速に早まりつつあります。そこで、当社でも「もののしくみ研究室」等のプログラミング講座を展開し、これからさらに「子どもたちに正しくパソコンを使ってもらう」ための授業を展開する計画です。

子どもから高齢者まで、そして地域の中小企業や個人事業主様や個人病院の先生やスタッフに至るまで、パソコンやスマートフォンやタブレットを自由に便利に使っていただけるよう、「IT顧問」としてこれからも活動して参りますので、宜しくお願い致します。

平成30年9月1日

NAKトータルサポート有限会社
代表取締役 田代和正